So-net無料ブログ作成
検索選択

本格派の麻婆豆腐 [クッキング]

麻婆豆腐は簡単なようでむずかしいです。
過去、何回も作ってきました。いろいろなレシピを参考にしましたが、
やっと満足のいく出来のマーボー豆腐ができるようになったので、
ご紹介します。

ma-bo-.jpg



材料です。

生姜、にんにくのみじん切り
豚挽肉 150グラム
木綿豆腐 1丁
豆鼓(トーチー)蒸した大豆を塩漬けにして発酵させた豆 少々
スープ 200cc(スープの素、味覇ウェイパ使用)
水溶き片栗粉 大匙1くらい


<合わせ調味料
甜麺醤 テンメンジャン 大匙1
豆板醤 トーバンジャン 大匙1.5
砂糖 小さじ1
醤油 大匙1
みりん 大匙1
以上を混ぜておくこと。

最後に使う仕上げ材料です。
刻みネギ
中国山椒(ワジャオフェン)少々
五香粉 耳かき2くらいほんの香り付けのため、入れ過ぎは禁物。
あらびきコショウ


作り方です。
1、生姜は千切り、にんにくはみじん切りで炒める。

2、豚挽肉をよく炒めて、白く、ポロポロになったら、豆鼓(トーチー)を
  入れて炒める。さらに、合わせ調味料を入れ焦がさないように炒め、
  挽肉を味の濃いソボロのようにする。

3、挽肉が焦げないうちにスープを投入。よくかきまぜて、かたまりのないように。

4、湯通しした豆腐をよく水をきり、たべやすい大きさにさいの目に切り
  入れ、弱火にする。豆腐がスープを吸って、いいかんじになったら、
  水とき片栗粉を2回に分けてまわすようにいれる。どばっとやると、
  そこだけ、ゼリー状になってしまうので、すこしづつ、回しながら。

5、いいかんじのとろみになったら、刻みネギと中国さんしょうを入れ、
  強火にしラー油か、ごま油をかけてまわし。フタをしてめて火を消す。
  食べる前に粗挽きコショウをぱらっとかけてだすと、より風味がいい。

※豆鼓(トーチー)中国山椒(ワジャオフェン)、五香粉はなくても
できますが、中国山椒と豆鼓があるとないとでは、プロとアマチュアぐらい
出来が違ってきます。 これで赤坂、六本木の高級中華店の麻婆豆腐って
こんな味かな、と思える出来になるはずです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 2

boumama

あっ、麻婆豆腐ですか!
こういったシンプルな料理は奥が深くて難しいですね。私も色んな材料や香辛料で試してみました。
ポイントは豆腐の形が崩れないよう湯通しすること。

中国山椒(ワジャオフェン)とは初耳ですが我が家は麻婆豆腐のために豆鼓(トーチー)と花椒(ホアジャオ)は常備しています。

それほど味に違いが出ますよね。特に好きな花椒(ホアジャオ)は好きなだけ振り掛けます プッ^m^
by boumama (2013-10-15 13:07) 

Macogy

ワジャオフェンとホアジャオは同じだと思います(^.^)

豆腐の湯通しは、ポイントですね。これをしないとみずっぽくなるし、豆腐に味が染み込まない気がします。

by Macogy (2013-10-15 14:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。