So-net無料ブログ作成
検索選択

72回目の原爆の日 [行事]

今日は、広島に原爆投下された日。
ピクチャ 6.png

祖父は、当時、広島の爆心地1キロの自宅(官舎)で被爆し、娘を失い、
自らも九死に一生を得ました。その祖父の体験記です。

今回、今から50年も前に鬼籍に入った祖父の体験記の抜粋を毎年読んで、
この日を迎えたいと思います。


「原爆の記録」(昭和44年 広島高等・地方検察庁合同編纂)より
 <体験記  原爆の前後  正木 亮 >

 わたしは原爆について筆をとる気力はない。多筆のわたしとしてはもっと書いても
よさそうなものだが、書く気がしないから書かないのである。
 
 なぜ、あなたは書かないのですかとよくいわれる。わたしは一度だってお答えした
ことがない。今、ここにどうしても書かねばならないはめになったので、まずなぜ
いままで書かなかったかをここで言いわけをしておこう。わたしは原爆というあんな
惨虐な、むごたらしい、地獄の鬼でさえ使わないような武器の被害については口にする
のもいやだからである。あんなむごたらしい人殺し弾を生みだした科学が憎いからである。
一発何十万人という人間を殺す弾を使って、天使のような子供たち、無抵抗な婦女子までも
殺したアメリカのやり方が憎いからである。

 昭和二十二年八月六日、わたしは広島控訴院検事長官舎でこの弾を受けた。わたしの
娘、甥、女中とが各々違った場所でこの弾を受けた。そしてその中でわたしひとりが
今まで生きながらえて、三人の者は即死したり、一ヶ月後に死んだりして、一家の中で
わたし一人が生き残ったという惨酷な境遇におかれた。それだけでもわたしがアメリカの
やりかたをにくむ気持ちはわかるだろう。又それについて筆をとらない気もちもおわかり
になるだろう。

 しかしわたしは考えた。いくらアメリカが憎くても、原爆を生み出す科学が発達する
限り仕方がない。アメリカに抗議したり、戦争を仕かけてもどうにもならない。それよ
りもアメリカの人道を発達させて、それを使わないように働きかける以外に方法はない。
そういう片意地から、わたしは原爆について筆をとらなかった。

わたしは前回の勤めから転勤する途中で病で妻を失い、独身生活を送っていたので、
今回の赴任は日本女子大の二女の倭子をおろして、女中の三人で赴任してきた。
その頃の検事長官舎は広大で古かったので、三人だけでは淋しくてしかたがない。
甥の県立一中生を連れて来て同居させたがそれでも淋しい。そのため若い検事たちが
毎晩のように遊びにつめかけて来るようになった。常連は枇杷田、渡辺、楠野、立石
等々の若い検事たちだった。とくに楠田検事は毎晩来て、晩餐をともにしたものである。
二女の倭子や女中の仲は「楠野さん!わたしの家に来なさいよ」とすすめるのでご自身も
その気になり、八月七日に引っ越すことを決意し、明晩は楠野さんの歓迎会だとはしゃいだ
ものである。
 他方地検の立石検事は毎朝早くやって来て太田川の岸辺にある官舎の広い畑にトマトの
苗を植えるし、野菜をつくるし大活躍、後には若い検事や書記の諸君まで集ってとても
賑やかなわたしの家であった。
 
 八月五日の晩も楠野検事たちが集まり、にぎやかな夕食をすませ、では明日また、
楠野君、あすはわが家の一員だよといってわかれた。
 嵐あとの静けさである。その時である。広島では始めての警報サイレンである。
あわてた。しかしその後B29は現れず、朝を迎えてほっとする間もなく6時半頃
また空襲警報が鳴り響いた。
 7時半になって警報解除。娘は高等女学院に登校し、わたしは玄関で脚絆をつけ
靴をはいていると真っ暗になった。 暗闇のなかに埋められていた。土を堀り堀り
二メートルもすすむとやっと大地に出た。四面火に覆われている。女中の仲(なか)
がいない。わたしは土を掘り、彼女を掘り出してふたりは火をさけながらついに
太田川に飛び込んだ。

 周囲の火がおさまったのは12時頃であろうか。邸内に顔の皮のむけ、手の皮の
はげた若者たちがどやどやとなだれ込んだ。そして次から次に倒れ死んだ。太田川に
添った岸辺につかまった避難民も次ぎ次ぎ流れて死んでいった。

 娘の倭子(しずこ)の行方がわからない。広島刑務所の今枝君と林君とが来て探し
まわった結果、広島女学院のピアノの鍵盤の下に真白い白骨となって発見された。
その後の報告で、楠野、武井、千頭、佐藤君という若い検事たちが爆死されたと
聞いてわたしは奈落に突き落とされた気がして涙がとめどなく流れた。

 その翌日からわたしは骨拾いの先頭に立った。かわいた八月の真夏の太陽は
とてもあつかった。毎日毎日石をおこし、瓦をはねのけ遺骨をさがしつづけた。
広島の廃墟の原頭に立って本当に悲しい遺骨さがしであった。

 八月十五日正午 天皇の全国民に告げられた玉音放送が流れて来た。たえ難きを
たえ、忍び難きを忍んでここに終戦する旨のお言葉であった。本当に涙なくして
聞くことは出来なかった。あの玉音放送を拝してわたしは可愛い可愛い娘の死に
ついて恨みをもつことが出来なくなった。日本民族はもう一度立ち直ろうという
心がもり上がってきた。

 結局、わたしはその翌年の春 名古屋控訴院検事長に転任した。そのときすでに
当時一緒に住んでいた甥の義虎も原爆で死に、女中の仲とふたりきりの転任であった。
その後、その仲も原爆症でこの世を去った。ともに住んでいた受爆者4人のうち3人
までがそのために死んで了った。

 こんな残酷な兵器を人類が持つということは結局人類破滅の導因である。
こんな兵器をつくる国こそ野蛮である。この野蛮を喰いとめる発言力は広島県人以外
にない。広島人はその声を永久に続けなければならない。原爆禁止運動はやめては
いけない。そしてその運動はお互い力を合わせて、つづけていかなければいけない。

                (当時 広島控訴院検事長 正木 亮


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

67回目の広島原爆の日 [行事]

ピクチャ 11.png
ロンドンオリンピックで盛り上がってますが、今日は67回目の広島原爆投下の日。
今日はやっぱりこの日のことを思い出さないといけないと思うから書きます。

当時の状況は昨年の「66回目の原爆の日」で祖父の記録を紹介しました。

今年は終戦直後にわたしの母が被爆した父(祖父)を探しに、東京から広島に入った
時の話を紹介します。

母は戦争中、母の父親(祖父)の赴任先の広島に新型爆弾が落ちた
ということで、苦労して終戦直後の東京から広島まで行ったそうです。
その辺のくわしい経緯はもう鬼籍に入った母に詳しく聞く訳にはいかない
ので、すこし内容が曖昧かもしれませんが、終戦日直後に広島に
入ったはずです。残存放射能値とかわからないときですから。

ここからは母の話。

「人玉って本当にあるのよ。広島には近づけないというので、途中駅から広島
に入ったんだけど、見渡す限り、何もない。夜になると「シュッ」「シュッ」
と音がして、地面から吹き出てるの。人の骨から出るリンが燃えてるんだって。
こわいというより、青白いとっても悲しそうなひかりなの。」

「広島市内の病院(避難所)でお父様に会えたの。そしたら、お父様(祖父)が
体中から煙を出してうなってるのよ。それが原爆による負傷じゃなくて「お灸」。

「新型爆弾で多くの人が傷ついたんだけど、不思議なことに、やけど
を負わなかった人のほうがかえって、ばたばたと倒れて亡くなっていく。」

「ひどい火傷を負っている人の方が、生きてるっていうの。やけどをすると、
白血球が傷を治そうと増えるでしょ。だからじゃないかって。それで、お灸
は軽いやけどみたいなものでしょ?それでお父様は無傷であぶないということで、
体中にお灸をすえられて、体中からけむりをだしてお父様はうなっていたわ。」

以上は、母の当時の見聞きした話ですので、本当はどうかわかりませんが、火傷を
負わなかった人のほうがばたばたと倒れたというのは事実のようです。

おきゅうの成果があったのか、爆心地2キロ内がほとんど即死といわれている中で、
その域内にいた祖父は助かりましたが、晩年は病気で苦しみました。原爆の影響は
あったでしょう。一緒に住んでいた祖父の二女は亡くなりました。

原爆投下時の死者行方不明者(14万人)。当時の広島
市民が35万人ですからの4割です。

平和を祈る気持ちはもちろんですが、赤ん坊や罪もない婦女子を
含めた一般市民を対象に核兵器を落とされたことを、日本人は末代まで
忘れちゃいけないと思います。

「わたしたちは二度とあやまちをくりかえしません」とか
「日本政府は、核兵器を世界から廃絶するよう求める」とか
そういう、だれにアナウンスしてるのかわかんないような
意見表明より、たとえ、同盟国であり、仲のよい友人の米国人に
対してでも、「わるい、今日だけはキミと飲みに行く気にはなれないんだ」
という、唯一の被爆国の国民が理由がどうあれ「この始末、末代まで恨み申し
あげ候」と、原爆を投下した日だけは被爆者の痛みを思い、国民が「不愉快な気持ち」
を持つほうが亡くなった被爆者の御霊への弔いになるのと思うのであります。

※「広島に原爆が投下された日」記事
核開発しているイランがこんなこと言う資格ないと思うけど
こういう論調はイランだけなのでご紹介します。
Iran Japanese Radio(IRIB国際放送ラジオ日本語)



タグ:広島 原爆
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

社交ダンスは永遠なり [行事]

若い時ダンスやってました、あるご夫人に話したら、練習に誘われた。
相手のご夫人は15年以上社交ダンスを続けてる。
行ったのところは、ダンスクラブ。土曜の昼間はダンス愛好家に開放している。
P1030368.jpg

シニアの方たちばかり。なんか年代層が違うのでちょっと場違いな雰囲気。
ダンスの愛好会みたいなのかなと思ったら、レベル高っ!。一人で来られて
いる方がほとんどで、曲がかかると、「おねがいします」と誘い合って、
ガンガン踊り。ものすごく上手。
P1030373.jpg

四半世紀以上も前のことだが、大学のダンス部に身をおいて全国学生舞踏学連
の競技会に出場したことがある。その後は全く踊っていない。でも正直、今でも
ある程度は踊れると思っていた。ところが、やってみると足が出ない。
なぜ!なぜなんだ。。体が憶えているという確信的な思い込みが誤りだったと自覚
したときのあせりと動揺、そして筋肉が硬直するのがわかる。相方のご夫人から、
「ガチガチだったわよ」と後でいわれてまた汗[たらーっ(汗)]
何十年ぶりなんだから当たり前よ、と慰められても、ショック。。

思い込みの激しい自分を再確認。どんなことでも継続的な鍛錬なき技量や能力の
維持なんて絶対ない。日頃の積み重ねを怠って、出来るはず、とか、起こるわけ
ない、といった思い込みの結果を「想定外」という言葉ですませるのは、私のダンス
くらいにしてほしい。[キスマーク]
よーし、次回は名誉挽回だ[ダッシュ(走り出すさま)]

第63回アメリカンフットボール日本選手権【RICE BOWL 2010】 [行事]

お正月は、駅伝を応援してゆっくりするのが恒例でしたが、今年は友達のKUMIちゃんからアメリカンフットボールの試合を応援のお誘いがあり、行ってきました。日本一決定戦が行われるのは東京後楽園の東京ドーム。今年は社会人チーム日本一の鹿島ディアーズ、学生日本一の関西大学の対戦。彼女の母校である関大の応援の助っ人です。彼女が地方の大学なので応援団が少ないと思う、と心配した学生側応援席の一塁側はキックオフの時間には一階席ほぼ満席。三塁側ディアーズ側もいっぱいで、アメフトの人気って意外とあるんですね。
P1120131.jpg
manseki.jpg
オープニングは野口飛行士からの宇宙からの始球式。野口さんは高校生のとき、当時強豪だった京大アメフト部にあこがれて京大を受験し、不合格。それで東大入学後のアメフト部に入り、競技を始めたというアメフト大好き人間なのです。アメフトの経験は冷静沈着に集中力を切らさず任務にあたるところが今の仕事にも役に立っているそうです。京大に合格してたら、宇宙に行ってたかな?
shikyushiki.jpg
チアリーディングも関西の女の子の学生らしくて笑顔も弾けていて、ハツラツとして明るいパーフォーマンスです。
chiar.jpg
kandai.jpg
全日本大学選手権優勝チームの関西大学は戦前の1941年関西リーグの初代王者にもなった関西最古のチームで、学生王座をつかみ1948年に第1回東西学生選手権に出場とした経験があります。しかしそれ以降は全国大会への出場経験はなく、社会人との日本一を決めるライスボウルはもちろん初出場なのです。対戦する鹿島ディアーズは鹿島建設の社会人チーム。98年にも日本一となり、常に強豪の一角に加わっていて、今季は72戦63勝という驚異的な成績を残している。どう見ても分が悪い。監督の試合前のコメントによると「スピード、パワーにおいて2、3ランク上、攻・守・蹴でかき回す[どんっ(衝撃)]」。まさにその通りで、試合が始まると、第1Qから関大がロングパスとスピードのあるラン、さらに守ってはインターセプトと大活躍。前半戦までリードという展開。パンフレットに「番狂わせは関西大カイザースのお家芸だ」と書いてあるのはこのことか。
hat one.jpg
しかし後半戦、鹿島ディアーズはQBを入れ替えて本気モード。第4Qでとうとう同点に追いつきました。昨年、前半劣勢で後半逆転勝利することの多かったディアーズの本領発揮です。
score board.jpg
第4Qの残り3秒、フィールドゴールを入れられて3点。19−16でタイムオーバーでゲームセット。しびれます。。[バッド(下向き矢印)]
kajima.jpg
鹿島ディアーズ」のチアリーダーのユニフォームはさすが「社会人」ですね[キスマーク]
diars.jpg
「鹿島ディアーズ」をクリックしてみてね[揺れるハート]
終了後、カイザースの選手、スタッフ全員、一塁側に集まり、観客に挨拶。
shiaigo.jpg
観衆も最後まで帰らないで彼らの健闘を讃えました。格上の社会人チームを最後までビビらせたのですから、よくやりました。自分の子供くらいの男の子たちが頑張っている姿を見ると、チームとは関係なく涙腺が熱くなりますね[もうやだ~(悲しい顔)]。また来年もここで応援するからがんばってね[手(グー)]
帰りはKUMIちゃんとカイザースの健闘を讃えるために大阪名物、お好み焼き屋「ぼてじゅー」で残念会。やっぱり試合は「生」がいいよねー、てことで生ビールで乾杯[ビール]です[ぴかぴか(新しい)]

人気ブログランキングへ
↑ぷちっとおねがいします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

カトリック二俣川教会 [行事]

実は、わたくしカトリック信者なのに、ここのところ全然教会のおミサにも行っていない。そんな時、わたしの尊敬するS先輩が亡くなってちょうど10年になるという知らせが入り、彼の所属していた二俣川カトリック教会でおミサの中で彼へのお祈りもあるので、来ない?と誘われた。行ってみると、お御堂ほぼ満席。
DVC00070.jpg
聞くと、今日は"INTER-PEOPLE'S MASS" 〜違いを超えて一致するために〜 という多言語でのおミサ。日本語、英語、フランス語、中国語、スペイン語、ヴィサヤ語(フィリピン)でそれぞれの国の信者が共同祈願する。音楽もオルガンではなく、ギターの複数演奏と合唱でとても開放的。曲も現代的なやさしい英語の曲でした。神父も助祭司も外国の方で、信者の唱和は中高生が横で通訳する。こういう環境で活動している子供たちは、外国の人たちと接することに違和感もなくなるし、とても教育的にいいですね。日本の教会なんだから日本語だけ、ってうのはどうなんだろうか。横浜の教会にはフィリピンや中国の人も多いと思いますが、みんな、おミサで使う日本語がすべてわかるわけじゃないし。
" In the name of the Father,and of the Son ,and of the Holy Spirit. Amen"
「父と子と精霊の、み名によって。アーメン」
くらいは日本の教会の司祭はおミサのとき日本語と英語で唱たらどうでしょう。
今は亡きS先輩。43歳の若さで天に行かれましたが、今日は彼の奥様や立派になった息子さんたちにもお会いできたし、彼を知る友人たちも来て、みんなの元気そうな顔も見れた。ひさしぶりに教会に来て気がつくことも多かったので、S先輩に「たまには教会にも顔出せよ!」って呼ばれた気がしました[ひらめき]。飲んでばかりいちゃ駄目よね。。
DVC00072.jpg

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お屠蘇(おとそ) [行事]

新年明けましておめでとうございます。今年も楽しいこと、おいしいことなど、どんどん書いていきたいと思います。
さて、新年といえば、「お屠蘇」。お屠蘇は基本的に関西以西、西日本に限られた風習だそうですが、「お屠蘇気分で・・」とか今では全国共通用語のようですが実際に「お屠蘇ってなに?」という人も多いようなので、説明します。
P1050294.JPG
本来、元旦の朝、若水(早朝に汲んだ水)で身を清め(「斎戒沐浴」っていうんだけど)、家族そろって神と仏に祈りを捧げた後、雑煮やおせちをいただく前に、お屠蘇(おとそ)を飲むという風習です。お屠蘇とは清酒やみりんに生薬を漬け込んだ、一種の薬草酒。「屠」は「屠(ほふ)る」、「蘇」は「病をもたらす鬼」のことで、邪気を払い、無病長寿への祈りを意味し、中国・三国時代、魏の医者が考案したという説が有力。日本には平安時代に伝わり、宮中の正月行事として始められ、江戸時代には一般に広まったそうです。屠蘇の中身は漢方薬に使われる生薬で、5~6種配合。大晦日の夜にこの生薬をみりんに浸けて、一昼夜。朝、これで家族でご挨拶するのが我が家の慣わしです。これは胃腸の働きを盛んにし、血行をよくし、風邪予防の効果もあるそうです。私は幼稚園の時から子供であろうと元旦は絶対飲まなくてはいけないことになっていたので、これは「おまじないの薬」みたいに思ってました。今は嗜好品になってますが。。うちの使うみりんは角谷文治郎商店の「三河みりん」。100%純米焼酎ともち米だけで作る純粋みりんです。
P1050290.JPG
上の写真のように、「御屠蘇」の封筒の中に、薬草の袋が入っています。これをみりんに浸け込みます。
我が家はこれに日本酒を混ぜます。今回は贅沢にも秋田の銘酒「まんさくの花」の生詰め純米原酒「七山(ななやま)」を混ぜてて作った超高級「お屠蘇」。
P1050271.JPG
これに、おせち料理が合うのです。
おせちばかりは今回通販で京都料亭のおせち料理の通販をたのみましたが、これ自分で作ったらこの値段(1万円)ではできません。市販のおせちはお重が多いですが、私がたのんだのは一箱のもの。食べたいかまぼこや伊達巻などは別に買いました。これで十分豪勢。便利な時代になりました。
P1050249.JPG

「みりん」は醸造によってできる本来の甘みとうまみが凝縮された伝統的な日本古来のリキュールです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大晦日 [行事]

29日の仕事納めに「納め」きれなかった残務整理で大晦日に仕事場へ。景色のいいのだけがとりえの職場でパチリ。日ごろ、職場からの景色の写真なんか撮れないもんね。
P1050167.JPG
夜は近くの富岡八幡宮で大晦日から新年をめがけて11時30分に行ったら、すでに200人の行列。
P1050230.JPG
旧年中の神飾りを燃やす、「お焚きあげ」。
P1050219.JPG
P1050220.JPG
ここで神社の巫女さんが、甘酒やお神酒を振舞っていたので、一杯いただいて帰宅。明日あらためてご挨拶に伺います。。。
昨日お神酒をご馳走になってるし、翌日元旦、朝7時に起床して、初詣再挑戦。それでもこんなに並んでました。
P1050239.JPG
みんな、今年は神様にお願いすることが多いのかな?。今度は30分並んで、二礼二拍一礼して、新年のご挨拶をして帰りました。


試斬会 [行事]

ある武道会派の「抜刀試斬会」に参加する機会を得た。場所は某所小学校の体育館。
使う道具はもちろん、日本刀。 切るものは「巻き藁(まきわら)」である。巻き藁は畳表1畳をしっかり巻いて、ゴムバンドでしっかり留める。水につけて3日。水をしっかり含んだ藁畳はパンパンに膨らんで棒のようになる。それを巨大なロウソク立てみたいな台の上にさして、日本刀で一刀のもと切り落とす。まず「叩く」ように切ろうとすると、わらにざっくり刺さって切れない。かと言って「引いて」も切れない。刃がきちん正しい角度(刃筋)に入り、その刀の刃が巻き藁に入る瞬間に「前方に投げるように」力が入り、かつ腰で切り上げる。今回は、逆袈裟、つまり巻き藁を下から鋭角45度に切上げる。これがなかなか切り抜けることができない。途中でひっかかったり、刀が刺さったままになった状態になっちゃう。今日は、指導長の先生から教えられた通り、絶対力を入れないこと。とにかく前方向に刀を投げるように、そして意識を斜め右つまり、切り上げた延長線上に意識をもって集中すること。。巻きワラがスパっと切れて空中に飛んでいく、そのイメージだ!。と思った瞬間に自然と刀が動いた。その後どう刀の刃が巻きワラに入ったか覚えがない。切れた瞬間も見えてない。ものにあたった衝撃も感覚もない。スパっと切れて、分離した巻きわらの上部分の塊が右前方の空中へポーンと空中に飛んでいったのが見えただけだった。不思議な感覚。。
<スパっと切れた時の巻きわらの断面>
まきわら切り口
タグ: 抜刀

キャンプ座間のピクニック礼拝 [行事]

<今日は、相模原米軍居住地のプロテスタント教会が主催する、年に一度の座間米軍基地内の公園でのピクニック礼拝に招待されて参加してきました。多くのクアイア(Gospel choir)が参加して、歌あり、お祈りあり、と米国の教会のようでした。カトリック教会のミサとは、ずいぶん雰囲気が違います。形式にこだわらず、神を賛美し、共感する、そこに人種もシンボルもないという、自由の国アメリカの信仰スタイルがとても分りやすいですね。恥ずかしがり屋の日本人には、ちょっとひきますが、これを乗り越えるといっちゃうでしょうね。。日本の若い信者さんたちも大勢ゴスペルに参加されてました。
SHA(音量ボタン+を押しても聞き取りにくい場合は、PCの音量のほうで調整してください。)
プロテスタントの教会はキリストの像や祭祀など偶像信仰がないだけに、人と人との信仰共感や、今この瞬間(moment)を与えてくださった神に感謝するという、信仰を体感意識としてとらえ、それを大切にしているように感じました。
それに、皆の祈りとその瞬間の感謝と賛美をより天の神に伝える力として「ゴスペル」の歌はその信仰体感意識の高揚にとても効果的ですし、参加しているものに訴え、共感する力がやっぱりありますね。 私はカトリック信者ですが、ミサの時に、典礼聖歌集などからその都度、選ばれた曲を皆で歌います。でもミサのときに神さまに伝える気持ちで自分は歌ってるかなぁ、と反省。。
プロテスタントの信者は若い人が多い理由は、やはりこういう「わかりやすさ」にあるのかもしれません。フランスなど欧州でも若い人たちの「教会離れ」は顕著のようですし、わが「宗派(?)」も信仰における「わかりやすさ」や」「たのしさ」をアピールしていかなくてはなりませんね。そのためにも歌の力を再認識すべきでしょう。ラテン語のキリエ(賛美歌)などをミサで歌う教会もありますが、荘厳ではあるけど、外から見たら「敷居」はどうしても高く感じるよね。 080518_100319.jpg
その後はバーベキュー。日ごろ我々がやっているバーベキューと比べて、規模もお肉の大きさもぜんぜん違いました。教会のピクニックですからもちろんノンアルコールでした。。天気もよく、とても楽しく、なんか心が軽やかな気分で帰ってきました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日五月五日 端午の節句 [行事]

子供の手が離れても、季節の行事は大切にしたいもの。端午の節句の「端午」とは、午すなわち、旧暦五月、端ははじっこ、つまり旧暦の始めということ。節句は文字通り季節の「節目」。奇数並びの節句は他にも、三月三日の雛祭り、七月七日の七夕など、節目と並びを大切にする風習のようだ。狭い拙宅でも飾りました。P1020839.JPG
今日の朝刊によると、出生時、あるいは母親の胎内にいた時の記憶について、ある産婦人科医が1600組の親子にアンケートしたところ、我が子に胎内記憶が「ある」と回答した保護者が33%にも上がったそうだ。中には胎内に入る前に天空から下界を見下ろし、「おかあさんのいるところにきめたんだよ」という幼児がいたそうである。昔「七つの前は神のうち」とか「七五三」のお祝いなど、七歳までの稚児は人間というより、まだ神さまに近い存在だった。世の中の小さい子供たちを大切にしないとバチがあたりますね。