So-net無料ブログ作成
検索選択
ライブレポート ブログトップ
前の15件 | -

ぐりふぉれ屋 [ライブレポート]

日曜の午後、TOMOXさんのアフタヌーンライブがたまたま自宅の近くの
店であると聞いて、仕事は早々に切り上げて行きました。

「ぐりふぉれ屋」は京急能見台駅近くのライブバーです。
P1010497.jpg

ジャズのみならずいろいろなミュージシャンが出演。今日はvo.大地智子、
p.若林稔でスタンダード曲を中心の3時半からのアフタヌーンライブです。
どれも懐かしいナンバーで、ピアニストの若林さんの遊び心のある演奏と
力のある歌声の大地さんとの掛け合いがとても楽しかったです。

P1010482.jpg

P1010494.jpg
大地さんのライブに行くのは今回が2度目。前回はピアノ、ドラム、
ベースとの演奏でしたが、今回はピアノとボーカルなので、ずいぶん
かんじが違う。開放感のある歌声が小さなお店の中で広がってました。
グラスワインを頼むと、デカンタのほうがお得ですよ、とのマスターの
お声がけで日曜のまだ明るいうちからワインをオーダー。3杯も飲ん
じゃった。いい音楽を聞いていい気持ちで歩いて帰りました。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2週連続のライブ [ライブレポート]

12月5日は東白楽の「あっとぺっぷ」でアコースティックフェスタがあり、参加しました[かわいい]
おなじみのBSBBはじめ9組参加、1組20分の持ち時間。クラッシックギターから始まり、最後はビートルズのセッションまで、もうみんなすごい!なかなかアカデミックなフェスタでありました。
いつもは和服でギターを奏でる松尾さんは今日は洋装。きれいな方は何を着て演奏してもかっこいいですね[るんるん]
She did2.jpg
「平日サラリーマン、土日ブルースマン」の林さんのリズム&ブルース演奏。最後はオリジナル「The Big Fat Woman」をみんなで歌って大盛りあがりでした。
at pep 1205.jpg
この日は突然のセッションなんかもあり、BSBBでサックス担当のAKIさんが急遽、ドラムを担当。KONDYさんと二人でピアノに合わてるんだけど、その表情はいままで見たことのない真剣なまなざし。ベースのKONDYも集中してます。
Listen2.jpg
今回の大勢のミュージシャン参加で、3時間の長丁場。終わる頃にはずいぶん飲んじゃってました[パンチ]。ぼくたちは、さらっと4曲。みなさんご希望の「モスラのテーマ曲」でいつものように無事終了。来年はお笑い系から脱却して聴かせて泣かせる曲もご披露したいですね。また来年の参加したいです。

翌週の12月12日。今度は横浜駅近くの浅間下にあるパブ、SUNNY SPOT[かわいい]
この日はアコーディオン奏者の池内光子さんと合同ライブです。アコーディオンは重量11kg。3歳児の平均体重です。これを持って立って演奏するんですから、相当の体力と足腰を鍛えてないと無理ですね。小柄な池内さんはこの日、和田町でストリートライブやって、その足で今度はぼくたちとライブです。パワフルですね。
mitsuko.jpg
このお店はライブスポットではないので、とてもお客さんの反応も新鮮。池内さんのアコーディオンにはみんなびっくり。タンゴからとなりのトトロまで幅広い演奏でみなさん大喜びでした。
mitsuko2.jpg
最近必ずやる曲がある。ブレッド&バターの「あの頃のまま」1979年の曲のカバーです。
作詞作曲は「呉田軽穂」Greta Garbo?往年のハリウッド女優の名前ではないか。実はこれ当時の荒井由美のペンネーム、ユーミンの作詞作曲なのです。歌詞の中でここの部分が気に入ってます。
人生のひとふし まだ 卒業したくないぼくと
 たあいない 夢なんか とっくに切り捨てたきみ
 For myself for myself
 しあわせのかたちに こだわらずに 
 人は じぶんを 生きていくのだから 

このほか、カントリーのクリスマスソング
Happy Birthday Jesus
What a friend we have in Jesus
God Rest Ye Merry Gentleman
And his name shall be called wonderful
Silent Night
O Holly night
など、いっぱいやっっちゃいました[かわいい]
Tony&Bata2.jpg
3ヶ月ぶりのサニースポットでしたが、マスターや今回、ひさしぶりに来てくれた会社の友人から、ずいぶん練習したみたいじゃない[わーい(嬉しい顔)]、と言われたのが一番うれしかったかなぁ。中年ふたりで毎週スタジオにこもって練習した甲斐がありました[もうやだ~(悲しい顔)][ぴかぴか(新しい)]。何でも続けて、精進すれば、すこしづつでも進歩はするということですね[るんるん]
今年のライブはあと2回。クリスマスソングの賞味期限もあとわずか。歌いまくります[ダッシュ(走り出すさま)]

<池内光子さんのライブ>
12/17 野毛ライブスポットSam'a Barにて アコーディオン&ピアノ単独ライブ

<Tony&Bataライブ>
12/26 13:00〜石川町「TAP yokohama」 年忘れ演遊会に参加出演
12/28 20:00〜桜木町 野毛Sam'a Bar  Tony&Bata  ライブパーティー


Greta Garbo
1905年9月18日生まれ。 戦前のハリウッドスター(スウェーデン生まれ)
gretagarbo8sss.jpgg-garbo.jpg
神秘的な美貌と妖艶なムードで無声映画時代から女王として君臨していたガルボは、1941年に「私は一人になりたい」の名文句とともに36才で潔く銀幕から引退して余生を送った。引退後も神秘的なベールに包まれた女優として、1990年4月15日に天国へ旅立った[ぴかぴか(新しい)]






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Clear Waters ライブ! [ライブレポート]

3連休初日の土曜、東白楽のあっとぺっぷでクリアウォーターズのライブに単独参加。Opening Act専門のTony&Bataとしては緊張のライブです。
panf.jpg
クリアウォーターズはベースのKONDYさん、ヴォーカル&ピアノのじゅんちゃん、ドラム&ボーカルのつかさちゃんのトリオです。
clear water trio.jpg
二部構成で最初にクリアウォーターズの演奏、つぎにTony&Bata、最後にクリアウォーターズで盛り上がるという段取りです。
クリアウォーターズのオリジナル曲を中心に、じゅんちゃんの力強いボイスや、つかさちゃんのドラム&ボーカル演奏でKONDYさんのベースでみんなノリノリです。
Clear waters 3.jpg
ドラム演奏中のつかさちゃん。よく、歌いながら叩けるなぁ[exclamation]。歌いながらパッカッションするのってすごくリズムとるの大変だと思います。
tsukasa.jpg
そこで、今日のぼくたちの曲でのタンバリン演奏もお願いしちゃいましたが、事前練習なしで、バッチリ、リードしてくれて、大感謝です[ハートたち(複数ハート)]
P1000034.JPG
最後には、じゅんちゃんにおねがいしてTony&Bataで3人混声で”Silent Night”をアカペラで。練習なしなのに本当にばっちり[決定]。かっこよく歌えましたね[ぴかぴか(新しい)]
P1000042.JPG
今日11月21日はKONDYさんの誕生日。そういえば長男も同じ誕生日でした[わーい(嬉しい顔)]
Birthday' cake for KONDY.jpg
最後に、連休初日にかかわらず、ほぼ満席になるくらい来ていただいたお客さま、今回演奏に参加させていただいたクリアウォーターズのKONDYさん、じゅんちゃん、つかさちゃん、皆さん、盛り上げていただきありがとうございました。
Clear waters.jpg
↑じゅんちゃんとつかさちゃんです。

@楽祭【野毛】 [ライブレポート]

いつも練習場所として使わせていただいている横浜市青少年交流センター(ふりーふらっと野毛山)。横浜市民でも青少年をとーのむかしに経過した僕らは、青少年の予約の後、空きスペースをがあれば使わせていただいています。ここで、年2回ここの文化祭というべき、日頃施設をつかってる団体を中心に活動内容の紹介とグループ間の「@楽祭」という学芸会みたいなフェスがあるのです。でもこのフェス、あなどれない。みんな青少年交流センター(ふりーふらっと野毛山)にお世話になってるそれぞれの団体なのですが、参加は日頃の施設への感謝の意を表する「お礼奉公」という側面も。社会人も真剣に参加するのです。この施設で、週末、居合とコーラスとバンドの練習をしているぼくは、3つの団体に出るの[どんっ(衝撃)]。どんすかなー[ふらふら]
最初は青少年以前の子供たち、児童モダンダンス”Smile Seed"。3歳の子たちから出演してましたが、面白いのは、そんな子たちの中でも、演舞中、「なにやってんの?こっちきなさい」みたいな同年齢の「社会」を見ましたね。早いうちからこういう技量で上下関係を感じさせることって、情操&社会教育になりますよね。静止画なので伝わりにくですが、児童会のお遊戯とは全然異なり、指導者がポイント、ポイントをしっかり厳しく教えているようで、こどもそれぞれが自分の「任務」をしっかりもって踊ってます。すごい[キスマーク][ひらめき]
smile seeds2.jpg
つぎに、アニメーションダンスの小西ユージさん。ぴたっと静止していてもどこかがダンスしてるという非常に緻密なアニメーションダンス。
yuji.jpg
所属する居合のMCを担当し、最後に巻き藁を日本刀で試斬するのですが、切れるかなと不安でしたが、なんとかうまくいきました。
tanshin.jpg
そのあとのフラダンスに続き、またすぐ出番、TonY&Bataなので、急いで着替えて準備。まった日頃の客層とは違いましたが、やはり「モスラto モスバーガー」「振り込まないで」などの替え歌がいちばん受けたかな[end]
Tony&Bata at @gakusai.jpg
この後のボーカル&ピアノのグループ、「グリーンフローライト」は実力派。写真はありませんが、JUJUの曲や平原のノクターン、ジョンレノンのイマジンを女性二人でハーモニー作って歌います。ピアノも実力派。すごいなぁ[かわいい]
つぎは、僕たちの番。舞台に上がって「やばい!」Pocoの仲間と上下黒で赤のバンダナという約束なのに[ちっ(怒った顔)]ぼくだけ、Tony&Bataのかっこのまんま。やっぱり3役は無理。
でも左端で歌ってました。。4混声のSilent Nightのアカペラはいままでいちばんよかった。
今回、Poco a Pocoの技術担当でもあるBataさんが全員にひとり1本のマイク&スタンドを用意。いままでになくハーモニーが出来たのもやっぱり一人1本マイクをもてば自覚が出るということです。[ぴかぴか(新しい)]やればできるじゃん!
poco a poco4.jpg

ロス・パハロス。ヴァイオリンとピアノの二人は正真正銘、横浜を中心に活躍するプロ、長崎新吾さんと村上華子さん。"Saw in Love"にはじーん[ぴかぴか(新しい)]と来ましたね。
rosu baharosu.jpg
クリスマスディナーコンサートや各地の演奏旅行をされているおふたりですが、彼らもわたしたちと同じ参加費500円出しての出演。ぼくたちといっしょに名前を出すだけでも恥ずかしい。。
最後は「ももたろう合唱団」。名前は子供合唱団のようだが、日本の唱歌を広げるNPO法人で、男性テナー、女性アルト、ソプラノ、という3名のアカペラで、聴衆をうならせました。ぼくたちもこの人たちの前で「ハーモニー」なんていえません。はずかしい[ふらふら]
最後は、今回歌中心を演奏したクループ総出演で「横濱市歌」と「夕焼小焼」「もみじ」さすがにみんないいハーモニー。聴衆と一緒に合唱しましたが、センターの体育館に響く合唱はさながら教会のお御堂のような響きでした。
ここ、ふりーふらっと野毛山は青少年だけのロックバンドのコンクールやセッションなど、いろんな企画をしてる。日頃センターに行っても、子供たちへの真摯な姿勢、あいさつ、電話しても必ず名前をいうし、職員のみなさんの礼義正しさには感心する。こういう日常的な礼節にこどもたちが接している環境が、子供たちに自然に受け入れられて、いつも中高生が集まっている原因なんでしょう。私たち社会人にとっても心地よいのです。こういうのが本当の文化教育施設なんでしょうね。昨今、なんでも無駄な公共施設団体を排除する風潮ですが、教育文化や芸術はそれぞれの運営に接してみないと価値はだれにも評価できないですね。横浜、野毛のセンターにはそういう「粋」なセンスが残っているように思います。きょうはとても得した気分で帰りました[キスマーク]

横浜市青少年交流センター(ふりーふらっと野毛山)


人気ブログランキングへ←ぷちっとよろしく。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋の演遊会【石川町TAP yokohama】 [ライブレポート]

秋晴れの文化の日、石川町ライブスポットTAPで恒例の演遊会がありました。今回は8組。意外とこじんまりと始まった文化の日ライブ。一番バッターはいつもながら関西系のノリのオリジナルラブソングでみんなをひきつけるタジユキヒロさんの歌とギターでスタート。2番手は竹林有情としてブルースハープの竹さんと林さんのギターで最初から会場が熱くなってきました。
tahu live.jpgchikurin.jpg
次に今回初出場の男性2人組「島コーヒー」。ボサノヴァはCDでは小野リサやオレンジペコなど、女性の歌は聞いたことありましたが、トミーさんの歌とたーさんのトロンボーンの演奏は、とても心地よいですね。トミーさんの歌は、語り調のポルトガル語がとても耳に残り、素敵でした。本当は3人組だそうですが、2人でも十分本格的な男性ボサノヴァを聴かせてくれました。
shima coffer.jpg
続いてRAKUさんのアコギ演奏でKellyさんの柔らかなヴォーカルと、男性2人Lucky Onionさんのオリジナルソング。ふたりともおしゃれなおじさまたちでクリアな歌声と繊細なギター演奏で魅了します。
killy&RAKU.jpgLucky&RAKU.jpg
さて、今度はぼくたちTony&Bataの番です。まじめなフォークと不真面目な替え歌でトップバッターのタジ ユキヒロさんからも「ビミョーなDuo」と紹介されているんで、今回は相当まじめに選曲し、二人でハモリの練習を積みました。
Tony&Bata.jpg
今回は、いつもの「シャボン玉ホリデー」のテーマ曲&Tony&Bataの自己紹介に続き、クリスマスを前にして、クリスチャンソングをアレンジして紹介しました。歌ったのはつぎの9曲。
・What a friend we have in Jesus
・O Holy Night
・God Rest Ye Merry Gentleman
・Everybody Wants to Go To Heaven
・Happy birthday Jesus
・And HIs Name Shall be Called Wonderful
・横濱市歌(フォーク調篇)
・モスラのテーマ替え歌(モスバーガーへの道篇)
・東へ西へ替え歌(サラリーマン悲哀篇)
クリスマスまでが旬の曲ばかりですが、カントリー調やビートの効いた曲にアレンジしたりして、宗教色をできるだけ抜いてご披露しました。最後はおなじみの替え歌で笑いをとって終了。クリスマスまであと2ヶ月を切りました。全9曲。30分。みなさま戸惑いながらも楽しんでいただけたようです。クリスマスまでにもっと完成させたいな[わーい(嬉しい顔)]

今回歌った曲の中で、特に気にいっているクリスマスソングを2曲。聴いてみてください[るんるん]
Anne Murrayの歌声をどうぞ[ぴかぴか(新しい)]


女性GuitaristのLisa McCormickの歌と演奏です[ハートたち(複数ハート)]

こんなかんじに演奏できるよう練習してます。少しでも近づきたいです[手(グー)]

ikeuchimitsuko.jpgソロ・アコーディオン奏者、池内光子さん。アコーディオンってこんなにたくさんの音色が出せるんだ。ROCKでもJAZZでもなんでも出来ちゃうんです。彼女はピアノも即興でできて、今回もKONDYさんとセッションもありましたが、素晴らしいですね[ぴかぴか(新しい)]。トリをつとめたのはクリア・ウォーターズ。ベースKONDYさん、ピアノ&ボーカルのじゅんちゃん、ドラムのつかさちゃんも入ってフルメンバーの演奏です。最後は、ピアノ演奏を先ほどアコーディオンを弾いてくれた池内光子さん、ボーカルはじゅんちゃん、そして主催してくれた林さんのアコギ演奏も「乱入」して大盛り上がりで終了。次回12月26日もここTAPで年末演遊会の開催が決定[手(パー)]。たのしい演遊会でした[手(チョキ)]

clear water2.jpgsession.jpg

人気ブログランキングへ
↑できればぷちっとおねがします。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

すこし早めのクリスマスソング(2009-10-18) [ライブレポート]

月一度の浅間台のミュージックバー「SUNNY SPOT」でライブ演奏をさせてもらっている。ライブ情報でぼくたちTony&Bataの張り紙まで[目]。。恥ずかし。。
sunny spot open.jpg
クリスマスまで、あと2ヶ月。日本ではクリスマスソングというと、一部の歌謡曲か定番の曲が町中で流れるが、米国ではハロウィンが終わると、クリスマスソング一色になるそうだ。欧米ではいろいろなジャンルのミュージシャンがクリスマスソングを歌う。ゴスペルはもちろん、ブルーグラス、カントリーから、コンテンポラリー・クリスチャンミュージックというジャンルまである。ということで、まだ気が早いのですが、いくつか歌わせていただきました。
その中でも、この曲はいいので、紹介します。
What a Friend we have in Jesusは「いーつくしみぶかーきー 友なるイエスはー」なんて日本では葬式か教会でしか歌わないけど、子守唄みたに有名な曲でみんなアレンジでして歌ってますね。

この歌を歌ってるのはAlan Jacksonというコテコテのブルーグラスミュージシャンですが、渋いですね。日本で言えば、五木ひろしさんでしょうか。わたしのような不良カトリック信者が言うのもなんですが、クリスマス前はもうすぐ神様のお誕生日。今こうして生きてるのも、やっぱりあなたのおかげです[ぴかぴか(新しい)]!、おかげでハッピー[ハートたち(複数ハート)]っていう気持ちでクリスマスまで待ち遠しい気持ちを歌うことだから、今から歌ってぜんぜんオーケー[手(チョキ)]でしょ?
今回は懐かしの歌謡曲に加え、いくつかのクリスチャンミュージックをBataさんのアコースティックギターでアレンジして演奏しました。以下曲名です。知ってる曲あるかな?
・あの頃のまま
・白い色は恋人の色
・What a friend we have in Jesus
・And his name shall be called wonderful
・卒業写真
・ハナミズキ
・God Rest Ye Merry Gentleman
・O Holy Night
・Happy birthday Jesus
・Redwood Hill
・銀色の道
・Everybody wants to go to Heaven but nobody wants to die
最後の曲は「だれもが天国いきたーい、でもだーれも死にたくない」っていうブルーグラスの歌です。[わーい(嬉しい顔)] ブルーグラス系ですが、おもしろいので歌ってます。こんなの教会のお御堂でブルーグラスでクリスマスで歌ってるんだから、アメリカって面白い国ですね。
あまり知られてない曲なので、ご参考に。

上の画像は女性のふたりが歌ってますが、ぼくたちキー高いので女性の曲が多いのです。だから日本ではザ・ピーナッツなんてことになるのです。。
ぼくたちTony&Bataは、1960年代の歌謡曲、内外フォークソング、ブルーグラス系洋楽、さらにはハナミズキまで、もうめちゃくちゃな選択ですが、ハーモニー中心のOver-middle-aged Duoでございまして[ふらふら]、歌えそうな曲はなんでも食っちゃうのであります。はい[手(パー)]。ハーモニー追求型の新型中年デュオなので、これからクリスマスまで、ハモリとBataさんのギターの合わせの猛練習が必要に感じた次第です。
sunny spot1.jpg
最後にこのお店で飲んだ焼酎を紹介します。「薩摩富士」
satsumafuji.jpg
これ、ロックか5:5の水割りでとってもまろやかで甘みがあって、とってもおいしい。焼酎はあまり好みではないのですが、これはスピリッツとしての清廉さがある芋焼酎です。調べたら、これがセブンイレブンのネット販売で売ってるのだから驚きました。おすすめです。★★+★半
セブン-イレブンネット

人気ブログランキングへ←すこし気が早いですが、ぶちっとクリックおねがいします。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

【小さな秋の音楽・演遊会【at TAP Yokohama】 [ライブレポート]

恒例、石川町のライヴスポット「TAP Yokohama」での週末ブルースマンこと、林あきひこさん主催の演遊会。
林さんのオリジナル曲演奏からスタート。いつものオリジナル名曲の数々、特に「ビッグファットウーマン」はみんな歌いだして最初っから、大盛り上がり。これからの4時間が楽しみです。つぎに最近、よくライブに出演される清楚な和服姿でギターを弾く松尾晶子さん。きょうはBSBBのアキちゃんがボーカルで「見上げてごらん夜の星を」。途中からみんなで合唱になっっちゃいましたが、この曲を歌うと、とても悲しい気持ちになるのは私だけでしょうか。
Tap1.jpgAki&aki.jpg
左は弾き語りのゆーさん。横浜オリジナル曲をしっとり聞かせてくれました。ヨコハマのおしゃれ感のある楽曲ですね。右はおなじみ、タジ ユキヒロさん。彼の「たまにはココロのブレーキをはずして」と「恋はハイエナジー」はリアル名曲です。関西人のソウル(魂)と「なんでやねん」といいながら笑い飛ばす、明るい切なさが心にしみます。特に「恋はハイエナジー」なんて、すっごく忙しいときに、仕事中、ふっとこの曲が流れてきて、なんでこの場面でこの曲やねん?![耳]」って思うこともしばしば。この耳に残るメロディと歌詞は何[exclamation&question]
タジさんは関西人の心を関東に伝える伝道者ですね。
P1090829.jpgP1090832.jpg音登夢(おととむさん)は大阪から演奏旅行中のヴァイオリン&チェロのおふたり。この方々は関西を中心に活躍されてらっしゃいます。クラシックのテクニックはもちろんですが、そのオリジナル曲の面白さと技術のコラボがすばらしい。皆、びっくりして、うなってしまった。
「音登夢」さんの詳しい活動内容が載ってるHPです。 http://ototom.com/whats.htm
P1090839.jpg
4人組のベンチャーズバンド「アイジェー天使」ドラムとエレキギターがぼくの脳みそをびんびん刺激してくれました。不況を吹き飛ばすようなパワフルな演奏。社長さんたちのバンドだそうで、これなら日本経済の夜明けは近い[グッド(上向き矢印)]
P1090859.jpgP1090863.jpg
おなじみクリアウォーターズ。本当はドラムも入った3人組だそうですが、きょうは二人。KONDYさんのベースとピアノとボーカルの彼女(ジュンちゃん)の力強い歌声にいつも感動します。ホイットニー・ヒューストンのSaving all my love for youだったかな。じんじん来ちゃいますね[ひらめき]
jun.jpg
TAPでは壁掛けTVモニターがあって、ピアノを弾いてる姿がホール全体に見えるように映し出してくれる。気が利いてるね。
P1090888.jpg
楽さん&Keizzyさんのギターユニット「Lucky Onion」。やさしいお声と自作曲を披露。ボサノバ風の演奏に心がいやされます。続いて、同じく楽さんの演奏とKellyさんのボーカルユニット「Kelly&RAKU」。ボサノバ調の演奏に合わせて「卒業写真」を熱唱。Tony&Bataもときどきやる楽曲なので、かぶらなくてよかった(ホッ)。ジャズボーカル風の歌い方で、パワフルな声量で、次回ほかのJAZZの名曲を聞きたいな。
P1090895.jpgP1090899.jpg
おなじみ、BSBBのAKIさんのサックスとボーカル、はやしさんのギター&KONDYさんのギターで昭和の曲をアレンジして歌ってくれます。最後にサプライズでアキちゃんのハッピーバースデーのケーキが用意されてました[かわいい]
aki2.jpg
P1090909.jpg
その後、毎度お騒がせのTony&Bata。「内外フォーク&替え歌お笑いDuo」とご紹介いただけるようになりました。
P1090967.jpg
それまで演奏が素晴らしくて、ここでぼくらが雰囲気めちゃくちゃにしてしまいそうで、ビビりながらの演奏でしたが、皆様のあたたかい手拍子でひさしぶりのカントリー「REDWOOD HILL」をBataさんのハーモニカも織り交ぜ二人でハーモニー演奏。「内外フォーク」と紹介されてるから海外のカバーももう少し充実させないといけないな。いつものように「シャボン玉ホリデー」のテーマ曲から曲に入ったんですが、「モスラのテーマ(ザ/ピーナッツ)」モスラの原曲からいつのまにかモスバーガーの評価曲に変態化するTony&Bataのオリジナルリリックの迷曲?ですが、ギターは3カポなので、キー調整の時間が必要。流れが切れるので、オープニングの選曲や順番をもうすこし考えればよかったと反省。でも初めて聞いてくださるお客様がそうそうたるミュージシャンのみなさまなので、あたたかく乗せていただきました。[るんるん]
トリは、はやしあきひこさんのソロギター・パーフォーマンス
P1090978.jpg
さすが、はやしさんは締めてくれました。見事なテクニックでAmazing Graceをオリジナルの編曲で演奏。お疲れの様子でしたが、演奏はいつもどおり聞かせてくれます[ぴかぴか(新しい)]
正午12時から16時までの長丁場でしたが、ジャンルを超えた、まさに「小さな秋の音楽・演遊会[ぴかぴか(新しい)]」でした。次回は11月3日、次回もここ石川町TAPで、秋本番の演遊会が開催される予定です。[かわいい]
P1060569.JPG
TAP Yokohama
〒231-0868
横浜市中区石川町1-15-6 SAZAビル3F
TEL 045-222-7212  FAX 045-222-7213
http://www.tap-yokohama.com/
人気ブログランキングへ

【さらに・・・】
これで、終わりかと思ったら、17時半から横浜開港150年を記念して「横濱万国橋覧会’09」会場でBSBBがライブ出演とのこと、BSBBの追っかけ中年Duo、Tony&Bataとしては応援に行かねば[どんっ(衝撃)]



タグ:石川町 TAP
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

横濱万国橋覧会’09スペシャル2days【BSBB ライブ】 [ライブレポート]

万国橋SOKO。みなとみらい線馬車道駅から運河に向かって歩いていくと倉庫をリノベーションしたオフィスビルがある。映像・写真・建築・デザインなど、万国橋の運河沿いを会場に、さまざまなイベントを展開している。ここで9月21日と22日、「万国橋覧会スペシャル2days」として運河沿いのSOKO(倉庫)の壁面を運河向うからライトアップして大スクリーンに。そこでBSBBが出演するということで、行ってきました。
ヨコハマ経済新聞_photo.jpg
(ヨコハマ経済新聞HPより)
この日は、「ダイナミックダイクマー[るんるん]」の作詞作曲の中村裕介さんのボーカル&ギターなど、そうそうたるメンバーの中、17時半から万国橋SOKOと運河の前でBSBBの演奏がある。いつもライブハウスなど室内とはずいぶん感じが違う。いろいろなクリエーターのイベント、たとえばこんな感じのメイクアップなんかも運河横でやってるし。
biyo.jpg
まわりのお客さまも落ち着かないし、やりにくいんじゃないかなぁ、とちょっと心配しましたが、さすがBSBBのAKI嬢の落ち着いたトークと縦横無尽に動きながらのサックス演奏。
aki sax.jpg
これですっかりお客さんの心をつかんで、いつの間にか手拍子[手(パー)]も。クレージーケンバンドや伊勢崎町ブルース、太陽にほえろのテーマソングなど、みんな知っている曲のアレンジで盛り上がりました。
BSBB bankokuhashi.jpg
落ち着きはらって歌うAKIちゃん。大したものです[るんるん]
akibankoku.jpg
今日は、お昼からTAPの演遊会、そこから駆けつけての演奏で、おつかれさまでした。でもライブハウスとは違った雰囲気の中での演奏で、聴いている人への訴求力が付いてくるっていうのか、BSBBの「魅力汁」がにじみ出てくるような演奏でしたね。野外っていいな。Tony&Bataも「路上ライブ」やっちゃう~[キスマーク]??[ぴかぴか(新しい)]Bataさん、いやがるだろうな[パンチ]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アコギ フェスタ [ライブレポート]

東白楽駅近くにある、ライブバー あっとぺっぷ。ここで年4回アコースティックギターフェスタが開催されます。
P1080491.JPG
今回もTony&Bataとして出演させていただきました。
P1090722.jpg
今回はアコースティックギターの祭典なので、Bataさんのギターテクを中心に選曲。3フィンガーやアルペジオ奏法など、ギターの見せ場を中心の選曲。最近、オープニングでいつも演奏してる、「牛乳石鹸提供[手(パー)]シャボン玉ホリデー[るんるん]でスタート。昭和36年〜昭和47年まで毎週日曜夜放映のお化け番組はザ・ピーナッツのこの曲からスタートしたのでした。男性Duoの僕らは常に古くて新しいハーモニー追求します。だから、楽譜のないような曲を探して、男二人でスタジオにコモってハーモニー作るのです。[ふらふら]中年おたくDuoですね。。今回はお披露目でしたが、なんとか皆さんの拍手をいただき、ひと安心。。「白い色は恋人の色」、「卒業写真」[キスマーク]!ブレッド&バターの「あの頃のまま」を演奏。 
KONDYさん率いるクリアウォーター。ボーカルの彼女は聴かせます[わーい(嬉しい顔)]
P1090618.jpg
兼高 かおるさん。まさに昭和の時代にご活躍の皆さんならご存知の世界旅行の旅行家の女史と同姓同名。まったく関係ないのですが、ひさしぶりにクラッシックギター聴きましたが、素晴らしいですね。また、彼の真摯にスパニッシュギターを弾く姿、一弦一弦を丁寧に演奏に感動して、写真30枚くらいとっちゃった。のうちの1枚です。
P1090632.jpg
同年代のたかはしさん。60年代の名曲を聞かせてくれました。もう演奏前からビール[ビール]あけちゃって。ほんとうにたのしい演奏。
P1090701.jpg
たけうちさん。ジャズ風の演奏もあり、すてきなおじさま[ぴかぴか(新しい)]でした。
P1090713.jpg
その他、アコーディオンからジャズピアノまですごいテクニシャンの池内さん、お店のママのマキさん、自作の曲で熱唱してくれたFURAHさん。計8組。最後は新婚のベーシスト土田耕一さんとボーカルみつこさんの演奏。
P1090771.jpg
その後、みんなでセッション。あーたのしかった。[ぴかぴか(新しい)]

人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

【横浜浅間下】Liquor&Music Sunny Spot [ライブレポート]

横浜駅から三ツ沢公園にむかう浅間下交差点をすこし坂を上がったところの商店街に、6月にオープンしたばかりのサニースポットというお店があります。
P1090474.jpg
60年代、70年代のポップスや日本のフォークソングも流れている。
P1090476.jpg
入り口正面左にバーカウンター、右側のけっこう広いスペースの奥に2畳ほどのステージが作ってあります。近所に住む浅間台歯科のS先生のご紹介で、Tony&Bataの単独lライヴ演奏の機会をいただきました。この店ではわたしたちが初のライヴということで緊張しながら、たのしく演奏。初めてのお店なので、お客さまたちが聞いてくれるか、ちょっと心配。。
P1090443.jpg
<レパートリー>
・シャボン玉ホリデーのオープニングテーマソング(シャボン玉 ルルル・ルルルル・・)
・恋のバカンス
・恋人もいないのに
・白い色は恋人の色
・Water is wide
・あの素晴らしい愛をもう一度
・別れのサンバ
・あの頃のまま
・ささやかなこの人生
・サボテンの花
・卒業写真
・銀色の道
・Redwood Hill
・Tears in Heaven
・モスラの歌
・振り込め詐欺防止テーマソング「振り込まないで」(ふり向かないで」の替え歌)
・東へ西へ
全17曲、2ステージさせてもらいました。

今回は相方のBataさんのお友達も来てきていただき、お花までもらっちゃって、大感激[ぴかぴか(新しい)]。ミュージシャン気分になっちゃいました。[るんるん]
P1090456.jpg
お店のご主人からも、ほかのお客様の反応もよかったようで、いちおう合格点いただきました。これから定期的に演奏させていただけそうです。[ぴかぴか(新しい)][手(チョキ)]


SUNNY SPOT


サニースポット
〒220-0006
横浜市西区宮ヶ谷1-2
TEL:045-321-3953

人気ブログランキングへ
↑ぷちっとおねがいします。

(その後・・・)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クラッシック・バレエ [ライブレポート]

バレエ。日ごろまったく縁のない芸術部門なんだけど、横浜の飲み友達からクラシック・バレーを見にこない?と誘われました。。正直、バレエというと子供たちのバレエ教室のイメージと白鳥の湖の映像知識ぐらいしかなかったのですが、彼らのプロの演舞の技術力と芸術性にびっくりしました。
舞台の幕が開き、男女ふたりがシルエットで登場します。
109_PANA-P1090209_P1090209.JPG
バレエはルネッサンス期のイタリアに起源とする舞踊で、宮廷の広間でバロ(Ballo)と呼ばれるダンスが起源だそうです。踊っているのはクラッシックバレエの中で男女の二人の踊り手によって構成されるグラン・パ・ド・ドゥ(Grand Pas de Deux)です。見事なハイリフト。男性と女性の脚が一直線。しかも片手で。すごいですね。
109_PANA-P1090215_P1090215.JPG
アダージュ(Adage)。ゆっくりした曲に合わせてバレリーナが男性に支えられ美しい線とバランスを見せる優雅な踊りです。
109_PANA-P1090231_P1090231.JPG
コーダ(Coda)。 アップテンポの曲に2人が高度なテクニックを披露します。 しかし、この子の腹筋どうなってるんだろ。男性も片手で彼女の全体重をささえてる。。
109_PANA-P1090246_P1090246.JPG
華やかで優雅な踊りは古典音楽をバックにした緩急織り交ぜた音楽で踊ります。オーボエなど木管楽器の音色と調和して、とても宮廷的な雰囲気。しかし、リズムとテンポに織り交ぜられた激しい運動量とその技術には恐れ入りました。すばらしかった[ぴかぴか(新しい)]お疲れさま![手(チョキ)]
バレエというと、おんなの子の習い事みたいに思ってるけど、計算されつくしたふたりの演技とその冷静さのなかで情熱的な表現力で観客を釘付けにするのですから、まったく驚きです。
日本はスケートなどスポーツ性のある技術なら応援するけど、素人には評価のむずかしい芸術や技(わざ)には、一部の趣味としてとらえがちで、応援やサポートに腰がひけてる感じがします。音楽にしても、コンクールに優勝したとかそんな基準だけでチケットが売れる。ワインも金賞受賞とか。。ラベルで芸術や品質を語ることが本当に多い。音楽、舞踊、武道、演芸などについて文化を育む(はぐくむ)気持ちを国民がもてる社会にならないといけませんよね。この夏は劇場やライブ・スポットに行ってみてはいかがでしょうか。きっと新たな発見がありますよ。[ぴかぴか(新しい)][かわいい]

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

横浜Live Bar”あっとぺっぷ”  [ライブレポート]

東急東横線、東白楽駅近くのライブハウス「あっとぺっぷ」 。70年代に開店したときはJAZZ喫茶だったそうです。
P1080492.JPG
ここで今日は、サティ大石、Tony&Bata、BSBB、竹林有情~4組共演ライブ 。初めてのライブバーで超緊張。。おかげさんで超満員。トップバッターはセクシー&パワフルボイスのサティさんが林さんの華麗なギター伴奏で「横浜市歌」のブルースバージョンを歌い上げました。[ぴかぴか(新しい)][揺れるハート]
P1080502.JPG
つぎは、お笑い中年Duo、Tony&Bata。昭和40~50年代の歌謡曲とフォークをBataさんのギターと怪しげなハーモニーをハチャメチャなMCを交えて歌ってましたが、お客様の温かい手拍子と声援で楽しく演奏させていただきました。
曲は、
・あの頃のまま
・白色は恋人の色
・卒業写真
・銀色の道
・恋のバカンス
・ふりむかないで
・モスラの歌(替え歌バージョン:モスバーガー篇)
・東へ西へ(替え歌バージョン:サラリーマン悲哀篇)
最後にBSBBのメンバーと5人で長谷川ひろしの「別れのサンバ」をセッション演奏して、BSBBにステージを引き継ぎました。。[手(パー)]
P1000627.JPG
さあ、ここからは、昭和の歌謡曲を独自のアレンジで東谷アキちゃんのサックスフォン&ボーカル、KONDYさんのベース、林さんのアコギの魅惑のBSBB(バックストリート・ブルースバンド)がステージを引き締めてくれました。。。
P1080611.JPG
昭和歌謡をBSBB得意のアレンジで歌い、吹き、弾きまくります。
曲は、
・伊勢佐木町ブルース2009
・テイク果実(Take Five~青い果実)
・他人のサマー(他人の関係~サマータイム)
・ウイスキーがお好きでしょ
・長者町ブルース
・色彩のブルース
・太陽にほえろ(インスト)
・非常のライセンス(テレビドラマ/キイハンター主題歌)
・赤い靴~別れのブルース(ブルースロック風)
・東京の女(ひと)~椎名林檎バージョン~
・経験
ボーカルのアキちゃん、原曲がヒットしたときは生まれないでしょ、みたいな曲をよく情感込めて歌うよね。。
P1080603.JPG
ブルースハープのタケさんとアコギの林さんが組む「竹林有情」のブルースは熱気のこもった汗だくの演奏でしたね。
おなじみ、「ビッグファットウーマン」と「馬車道ブギ」で大合唱。
もう、ビール瓶でキー抑えちゃって、すごいんだから。。
P1080740.JPG
最後はWonderful worldをゲストのジャズボーカリストのナカムラミツコさん、BSSBBのアキさん、竹林有情のタケさんも加わりました。
P1080763.JPG
3時間の長丁場でしたが、大盛り上がりでした。 今日はお客さまに助けられたなぁ。練習精進します。[パンチ][ひらめき]

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どこにも行かないGW(5月3日) [ライブレポート]

どこにも行かないゴールデンウィーク、それなら野毛、Sam’s Barでセッションライブだ、という企画です。
P1040859.JPG
今回はギタリスト、林あきひこの歌ソロライブ、さらにBSBBでおなじみのベースのKONDYさんのひとり演奏がメイン。いつも技巧的な演奏の林あきひこさんですが、今日はしっとり歌を17曲。最後は先日亡くなった忌野清志郎のスローバラードで締めくくりました。林さんの歌は、単なる弾き語りというより、叙情的というか、どこか現代の牧歌的雰囲気があります。自作の曲もリズムやメロディもそれぞれバリエーションがあって、聴いてる人を飽きさせません。それぞれの曲にキーとなるテーマがあるので、それと自分の経験を重ね合わせていろいろ考えるのが楽しいです。KONDYさんのソロライブはリズミカルでとても楽しく聞かせる演奏でした。引き続き、ブルースハープの竹林有情の通称竹さん、BSBBのアキちゃんも加わり、大センションライブになりました。その後、イエスマン・ブラザース、金鶏堂、いちろう16、ClearWaterの面々、Tony&BATAもライブに参加。あっという間に終電の時間。本当はセッションライブの後は昭和のTV番組「ウルトラQ」のDVD映写会が模様されましたが、途中退出。なんとこの日18人もいらしてたそうです。どこにも行かなくたって楽しい一日でした。
P1060733.JPGP1060735.JPG
P1060781.JPGP1060764.JPG
P1060757.JPGP1060765.JPG
P1060772.JPGP1040788.JPG
P1040844.JPG
P1040778.JPG
※画像をクリックすると全てのフォトファイルがご覧になれます。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願い致します。
いつも ありがとうございます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

春の音楽・演遊会【石川町 TAP yokohama】 [ライブレポート]

4月26日 晴天だけどめちゃ風の強い、日曜まっ昼間。
横浜石川町のライブBar”TAP ヨコハマ”で匠ギタリスト林あきひこさん主催の「春の音楽・演遊会」が開催されました。みなさん各ジャンルのつわもの揃い。恥ずかしいので、私たち新人中年Duoは、緊張しての演奏でしたが、さすがに皆様、ミュージシャン揃い。手拍子やリズムもぴったりなので、ノリノリの演奏が出来ました。みんなやさしいから、よかったと声をかけて下さったので、単純な僕らはがんばろっと、いう気になって帰りました。ありがとうございました。
P1060569-2.JPGP1060568-1.JPG
hayashiP1060526.JPGsathiP1060529.JPG
hayashi&taji.JPGRAMs.JPG
Deep fly.JPGri-.JPGrozaly.JPGTony &bata.JPGYes man.JPGkinnmeido.JPGichirp16.jpgyumicchi.jpgchikurin.JPGP1060552-1.JPG
上記出演者(左から)
林あきひこさん(究極の男性ソロギタリスト)
サティさん(女性アルトシンガー/伴奏:林あきひこ)
ソラミミスタさん(自作名曲特集:男性弾き語り)
RAM’Sさん(胸キュン!としちゃう女性G+Bロック・ユニット)
Deep Fry The BluesBand(神奈川県の誇る実力中年ブルースバンド)
りーさん(魅惑のバリトンギタリスト)
ロザリーさん(じっくりきかせる女性弾き語り)
Tony&Bataさん(酉年中年2人組男性フォーク・ユニット)
イエスマン・ブラザーズさん(イケてる2人組男性ユニット)
金鶏堂さん(金沢高校出身よこはまの女性シンガー弾き語り)
いちろう16さん(しぶい酉年男性弾き語り) 
由美っちさん(幅広い音楽活動を続ける素敵な女性シンガー)
竹林有情(おなじみ2人組男性ギター&ブルースハープユニット)
TAP自慢のタコライス


TAP yokohama(タップ ヨコハマ)
http://taplive.exblog.jp/
横浜市中区石川町1-15-6 SAZAビル3F
(JR石川町から徒歩3分・元町商店街の入り口の交差点横ビル3階)
TEL/045-222-7212

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Sam's Bar (BSBB&竹林有情) [ライブレポート]

3月14日(土曜日)野毛 サムズバー
maririnnP1040840.JPG
今日は先日、僕たちのユニットがオープニングアクトをつとめさせてもらったバンド「BSBB(Back Street Blues Band)」の演奏と林さんとタケさんのギター&ブルースハープユニット「竹林有情」の競演ということで、ひとりでSam's Barへ。
maP1040788.JPG
今回のオープニングアクトはタジユキヒロさんのボーカル&ギター、柔らかい大阪弁の語りと自作の歌が、心にしみます。。
P1060022.JPG
つぎはギターは林さん、ベースのKONDYさん、そして東谷アキちゃんがSax&Voの二役の3人のジャズ&歌謡曲ライブ でした。
P1060026.JPG
今回もTake Fiveや伊勢崎町ブルースでスタート。太陽にほえろのテーマ曲で大盛り上がり。東谷アキちゃんが「キーハンター」のテーマ曲「非情のライセンス~アモーレ・ミオ」を熱唱。昭和30年はじめ生まれのオジさんたちの心に響きます。この日のお客さまは全員、野際陽子と千葉真一の懐かしいあのドラマを見てました。でも非情のライセンスって天地茂主演のTVドラマだったような気がするけど、キーハンターとの関係がよく思い出せないんですよね。。
P1060034.JPG
BSBBに続き、後半は竹林有情の林さんとタケさんの演奏とボーカル。「シカゴバウンド」、いい曲ですね。憂歌団の曲と教えてもらいました。今回は新曲もあり、身内(顔見知りの客ばかり)だったのでみんなで手拍子、タイコなんかたたいちゃって、演奏の邪魔しちゃったみたいですが、ホットな演奏ですっごく楽しかったです。
P1060055.JPG
バーカウンターに並ぶミニチュアギターたち
P1060075.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の15件 | - ライブレポート ブログトップ